【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

売春斡旋した主婦2人に公開むち打ち刑アチェ州

(c) CNN Indonesia

アチェ州ランサ市で7月28日、オンラインで売春を斡旋したとして、主婦の女2人に公開むち打ち刑が執行された。2人はそれぞれ、92回むちで打たれたという。

警察は今年5月、女たちが20代から30代の主婦5人に売春をさせ、シャリア(イスラム法)に違反した疑いで、市内のホテル前で現行犯逮捕した。その後、実行犯の女5人も逮捕されている。

公開むち打ち刑が執行された後、2人は再犯しないと誓約書に署名し、釈放された。

アチェ州では以前より、主婦による売春が報告されているが、今回初めてオンライン売春の事例が摘発された。インドネシアでは、アチェ州だけが現在もシャリア法を適用しており、むち打ち刑に関しては人権団体から非難の声も上がっている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー