【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

パティンバン港、11月に部分共用開始へ

(c) TheJakartaPost

インドネシア運輸省はこのほど、日本が支援する西ジャワ州スバンのパティンバン港が11月に部分共用すると明らかにした。工事は10月に完了する見通しだ。

パティンバン港は、日本企業が多く進出する西ジャワ州カラワン工業団地から70キロの地点に位置する。

同港は日本の政府開発援助(ODA)により開発されている。稼働により、タンジュンプリオク港の混雑を緩和するとともに、インドネシアにとって主要な港湾になると期待されている。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー