コロナ禍で新しい人気スポット テントで映画鑑賞

(c) Kompas

新型コロナウィルス感染症拡大で多くの娯楽施設が閉鎖しているなか、バンドンで新たな場所が注目を集めている。その名は、Green Forest Lembang。星空の下でテントを張り、巨大スクリーンで映画を見るというもの。

2000平方メートルの敷地にテント20張り、定員は各テント4人まで。もともとは屋外結婚式場で600人を収容できるが、ソーシャルディスタンスを保つため利用定員を80人と限定している。テント内には星の飾りつけが施され、毛布や枕、消毒液も常備されている。冷たくて気持ちが良い空気を楽しみながら、タンクバン・パラフ山が見えるロケーション。

夕日を眺めた後は、街と星の光が融合した景色も楽しめる。営業時間は午後17時から21時まで。映画は18時15分から上映される。プロモーション 料金で9万8000ルピア。公式インスタングラム@tendadibawahbintangで予約が可能。