インドネシアで微細藻類ユーグレナ培養実証事業を開始 | 伊藤忠商事/ユーグレナ

(c) 伊藤忠ウェブ

伊藤忠商事株式会社は、株式会社ユーグレナ等と共に推進する飼料用及びバイオ燃料用微細藻類ユーグレナの海外培養実証事業が、NEDO事業「バイオジェット燃料生産技術開発事業/微細藻類基盤技術開発/微細藻バイオマスのカスケード利用に基づくバイオジェット燃料次世代事業モデルの実証研究」として採択されたと発表した。

伊藤忠商事らは今後、微細藻類の培養に適したインドネシアで、培養実証設備の建設、微細藻類の収穫や藻油の抽出、残渣の利活用に必要な技術の開発などを実施する。

なお、ユーグレナは光合成により二酸化炭素を吸収するとともに、酸素を発生させながら炭素を蓄え、成長するという特徴がある。実証事業では隣接する石炭火力発電所から排出される二酸化炭素を微細藻類ユーグレナの光合成に活用するため、非化石燃料の開発に繋がるだけでなく、既存の発電所の二酸化炭素排出量の削減にも貢献できるという。