【入場無料】新生活フェア2022開催決定!お役立ちセミナーや相談ブースもご用意 詳細はこちら

スディルマンの自転車レーン2021年から永続化

(c) Tempo

ジャカルタ首都特別州運輸局長を務めるシャフリン・リプト氏は12月17日、スディルマン地区で試験的に導入されていた自転車専用道路(自転車レーン)を2021年から永続化すると発表し「ジャカルタ市民への新年の贈り物」と表現した。この決定は、アニス・バスウェダン知事の意向でもある。

現在ジャカルタには63キロメートルの自転車レーンがあるが、2020年はパンデミックによって増設ができなかったため、2022年までに200キロメートルを目途に増設を目指す。スディルマンからタㇺリンまで自転車で通行することができるようになる。

また、自動車レーンとの境界に現在はロードコーンが設置されているが、より安全で丈夫な境界の設置を検討する。

 

記事カテゴリー