【出展企業様募集】営業機会を増やす ビジネスEXPO開催 詳細はこちら

週末の「クラウドフリーナイト」で活動抑制 ジャカルタ

(c) Kompas

ジャカルタ首都圏では、活動制限レベル3実施に伴い、夜間の人々の活動を制限する目的で「クラウドフリーナイト(crowd free night)」が導入されている。

実施時期は金~日曜日の週末の夜、22時から早朝4時まで。規制は2段階になっており、22~24時の1段階目は、密集を引き起こす可能性があるようなマフラーから音を出す車両が規制されるが、一般車両は通行できる。24~4時の2段階目は、緊急車両、ホテル送迎車両、規制地域の住民の車両以外は通行できない。

対象区間は、ジャカルタ特別州ではスディルマン・タムリン通り、アジア・アフリカ通り、クマンエリア、SCBDエリアの4カ所。

実施3週目となった9月25日の夜、スナヤンロータリー付近でマフラーから音を出すバイクの運転手266人が、首都圏警察交通局によって取り締まりを受けた。また、規制区間の付近で引き返す車も数えきれないほどあったという。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!