【登録無料】平日毎朝音声でニュースをお届け まずはLINE登録

インドネシアのデジタルエコノミー、21年は50%拡大

(c) TheJakartaPost

米IT大手グーグルとシンガポールの政府系投資公社テマセク・ホールディングスはこのほど公表した報告書「e-Conomy SEA 2021」で、インドネシアのデジタルエコノミーの規模は2021年に前年から約50%拡大するとの見通しを示した。デジタルエコノミーの拡大は2025年まで継続すると予想している。

今回の報告書はグーグルとテマセク・ホールディングスが米コンサルタント会社ベイン・アンド・カンパニーと共同で発表したもの。この報告書では、インドネシアの2021年のデジタルエコノミーのGMV(流通取引総額)は、前年の470億米ドルから49%拡大し、700億米ドル規模に伸びるとの見通しが出されている。

また報告書では、インドネシアのデジタルエコノミーの拡大は、電子商取引(Eコマース)部門の拡大がけん引すると指摘している。





【チカラン・カラワン】おすすめ物件の電子パンフレットを一括無料請求!

 

記事カテゴリー