【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

ガルーダ、東部路線向け機材を返却 政府が代替機確保へ

(c) TheJakartaPost

国営ガルーダ・インドネシア航空がボンバルディアCRJ-1000型機18機を返却するのに伴い、政府はこれらの機材に代わる機材の確保を検討している。

ガルーダ・インドネシア航空はこれまで、様々なタイプのボンバルディアの機材をインドネシア東部に乗り入れる国内線路線に導入してきた。

一方、運輸省は「ほかの航空各社はインドネシア東部の航空路線の維持を歓迎している」と説明した。スリウィジャヤ・グループとライオン・グループもこれまで、直行便や乗り換え便でインドネシア東部への乗り入れ便を運航している。

運輸省によると、インドネシア東部で運航されている機材は発着する空港によりさまざまだという。

 

記事カテゴリー