LRT首都圏、ボゴールやカラワンまで延長へ

(c) TheJakartaPost

ブディ運輸相は6月28日、7月12日から乗客を乗せた無料の試運転を開始するLRT首都圏について、西ジャワ州のボゴール市とカラワン県まで延長する計画であると明らかにした。
現在はデポック市からブカシ県までとなっており、ボゴールとカラワンに伸びることで路線はジャカルタから南と東に延長することになる。その実現可能性について、現在調査中だという。

LRT首都圏は2015年に建設が開始し、当初は2018年のアジア大会までに運行を開始する計画であったが、資金や土地取得の問題があり後ろ倒しとなっていた。乗客を乗せた無料の試運転は7月12日から8月17日まで実施され、18日に商業運転開始を予定している。同じく、18日にはジャカルタ・バンドン高速鉄道の乗客を乗せた無料の試運転が開始される予定。