業務内容は…カフェでぶらぶら時間潰し!?サクラの求人が話題に

(c) finance.detik.com

Twitter上に投稿された一件の奇妙な求人広告の内容がSNSで急速に拡散され、さまざまな意見が飛び交っている。この求人広告に記載されている業務内容は「指定されたカフェの店内で3〜4時間ただ座っているだけ」というもの。勤務時間は週に4~5回で、1回につき7万〜10万Rpの給料が支給される。つまりカフェに座っているだけで、1週間当たり28万〜50万Rpの収入が得られることを意味する。

求人広告のツイートには「店内が多くの客で賑わっている雰囲気を出して、一般客を呼び込むためのマーケティング戦略の一環である」との説明が書かれていた。要するに、客の購買意欲をそそるために、一般客の中に紛れ込み、商品の売れ行きが良い雰囲気を作り出したり、場を盛り上げたりする偽客(サクラ)のアルバイト求人である。

このツイートが拡散されると、意外にもたくさんのネチズンが「このような求人は結構頻繁にある」「学生時代に同様の仕事をした」と発言。なかには「同様の仕事をアパレルショップでしていました。服にうるさいふりをして店内に留まり、混んでいるように見せかけました。店内が本物のお客さんで混雑してきたら、移動するように指示されていました。1回6時間、週4日間で30万Rpもらっていました」と詳しく経験を語る人もいた。