タムリンで大規模デモ

(c) DetikNews

8月10日午後1時頃、中央ジャカルタ市タムリン通りからパトゥン・クダ(馬の像)の一帯で、複数の労働者団体が雇用創出法の廃止等を求め大規模なデモを行った。

警察と治安部隊が多数動員され、特殊車両などを用いて警備にあたっていたが、デモの参加者らはサリナ交差点付近の道路に座り込んで抗議を行い、大衆がタムリン通りを埋め尽くした。

この影響で、ホテルインドネシア・ロータリー方面まで道路が封鎖され、深刻な交通渋滞を引き起こした。