憲法裁判所  免許証生涯有効化の訴えを却下

(c) oto.detik.com

憲法裁判所は9月14日、運転免許証(SIM)の期限を廃止し生涯有効とすることを求めた訴えを却下した。この提訴は個人弁護士が憲法裁判所に対して起こしたもので、現在の有効期間は5年、期限内に申請すればさらに5年延長することができる。憲法裁判所のエニー裁判官は、判決において、生涯有効のKTP(住民登録証)とSIMは機能が異なるため同一視することはできないと説明した。

SIMは全国民に発行が義務付けられているものではなく、自動車を運転する個人が法令に従って要件を満たしているかを5年ごとに身体的・精神的健康状態や能力・技能を確認する必要があると付け加えた。現在、国家警察はオンラインでの更新手続き、モバイルSIM、アプリケーションを活用したオンライン試験サービスなどを提供している。エニー裁判官はまた、国民からの苦情にも言及し、役人たちが抜け道を提供し収入を得るようなことは断じて認められないと述べた。