プラボウォ候補 マナドにエリートスクール新設案

(c) DetikNews

次期大統領選に出馬している候補ナンバー2のプラボウォ・スビアント氏は2月5日、選挙活動で訪れたスラウェシ州マナドで演説を行い、優秀な学生のためのエリートスクール(進学校)構想について言及し、選挙に当選・落選関係なく同地での開校に向けて取り組むとの考えを示した。

当選した場合は、自身の故郷である北スラウェシ州ミナハサで盛大な祝賀会を行う意向についても言及した。支持者らは「ぜひ!」と口々に賛嘆の声を発し、声援を送った。