【お知らせ】LINE公式アカウントがリニューアル!新アカウントへの友だち登録はこちら

インドネシア財閥13派徹底解剖|MNC Group

MNCグループ(1989年創立)

創始者:ハリー・タヌスディジョ(Hary Iswanto Tanoesoedibjo)
中核事業:メディア、芸能

傘下法人・出資先

  1. メディア
    GTV、RCTIなどの4つの民放チャンネル。JKT48など400人以上のアーティストが所属するStar Media Nusantaraの運営、インターネットを介して視聴する動画配信サービスRCTI+の運営などを行っている。
  2. 金融サービス
    MNC銀行の経営、生命保険及び一般保険の販売、リース業務、資産運用管理、証券関連業務などを行っている。
  3. エンタメ・不動産
    MNCバリリゾートの経営やMNCリドシティーなどのリゾートホテルの経営を行う。ジャカルタのビジネス街に複数のオフィスビルを所有・管理業、その他の不動産管理業務を行っている。

時代のニーズにマッチング そのスピード感で他社を圧倒する新興財閥企業

MNCコーポレーションは1989年にハリー・タヌスディジョ氏によって設立され、新興財閥複合企業としてさまざまな分野のビジネスに携わっている。

創業者であるハリー氏は1965年にスラバヤに誕生、大学はカナダのオタワにあるカールトン大学に兄妹や従妹と共に進学し、商学士を取得。その後はオタワ大学で経営学修士を取得した。その後の1989年にスラバヤにて現在のMNCグループのスタートであるバクティ・インベスタマという証券会社を設立。当初は資本市場業務を行っていたが、その一年後に会社の拠点をジャカルタに移し事業を拡大。証券取引、証券仲介業、投資管理、証券引受業務、財務顧問、金融調査サービス、M&Aなどの業務を開始した。

その後MNC社は数回に渡る他企業の合併・買収を経て多国籍グループ企業として現在も拡大を続けている。MNC社の現在の事業はメディア・エンタメ業、金融サービス業、不動産業、宿泊業など多岐に渡る。

数ある事業の中でMNC社最大の核となっているビジネスはメディア・エンタメ業である。インドネシア国内の無料放送チャンネルの中で最も多くのシェアを占める4つのテレビ局を所有し、運営している。4社合わせての国内シェアは40%に上り、さらにさまざまな有料多チャンネル放送サービスの提供、ネットを介した動画配信サービスRCTI+の開設。世界でも人気のあるタレント発掘番組のインドネシア版の制作やテレビや映画の授与式の開催及び放送、アニメ制作などにも力を入れていて国民からの支持を得ている。

また、タレントマネジメントも行っており400人前後のアーティストが所属しているというインドネシア最大の芸能プロダクションでもある。日本のAKB48グループの海外姉妹グループであるJKT48もMNCグループの芸能プロダクションに所属している。

MNC社の傘下にある子会社はハリー氏の子供たちが代表を務めており、現在急拡大中のMNC社の将来はハリー氏の子供たちに委ねられている。

 

記事カテゴリー